SDGsの取り組み

SDGs

SDGsの取り組み

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)とは、
2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

日本オフィスオートメーションの
SDGsへの取り組み

日本オフィスオートメーションでは、OA機器のトータル・プランニング&サービス会社としてお客様へ最善のサービスを提供する中で、 社員一人一人が地球環境の保護と汚染の防止に努め、豊かで安心できる社会づくりに貢献します。
当グループは、各企業から発生する使用済みOA機器、使用済み通信機器などのオーバーホール業務を行い、お客様にレンタル商品として提供する事業や、使用しなくなったOA機器の廃棄においても外部へ処理委託して廃棄するのではなく、千葉県で稼働する香取リサイクル工場にて手作業解体することにより 再資源化しやすくし、環境への負荷を減らす取り組みをしています。積極的に環境負荷の低減に努めることで、企業としての社会的責任を果たします。

当社の取り組みとして、年に1度社内の各部門の問題点・改善点について社長を交え、部門責任者と評価会議を行っております。
そこから各部門の取り組むべき内容を基に「目標実施計画」を立て、目標達成へ向けて実施します。
各部門が目標達成する為の取り組みを通じてSDGsの達成に貢献していきます。また、各部門の「目標実施計画」を全ての従業員に周知することで、SDGsと日々の業務をリンクさせ、自分が出来る事を考え、積極的に取り組む協力体制を推進して参ります。

  • 環境に配慮した事業推進

    • エコ、リサイクル、再利用の活用
      社内ネットワークを強化し、限りある資源を効率的に使用します。
    • 地域活動(イベント)への参加
      東京23FC(サッカーチーム)のオフィシャルパートナーです。
    • 消費行動の見直し
      地球環境に配慮したグリーン商品の購入、ゴミの減量、排出量を減らします。
  • 働きがいのある
    環境づくりを目指す

    • 定期的に社内研修を実施
      社内外講師による研修の実施(新入社員研修・管理職別)
      業務分掌を活用し、職種毎に技術・スキルを身につける為の研修を適宜実施しています。
    • 職場環境の改善、福利厚生の充実化
      年2回、上司と面談を実施し、働き方についての意見交換を行います
      年1回、職種毎にMVP社員を表彰しています。
      長く働いた従業員を表彰(勤続10年・20年・30年)
      残業削減や休みの取りやすい環境、定期的にハラスメント教育やアンケートを行い、ハラスメントのない働きやすい職場づくりを目指します。
      また、育児休暇や時短制度などの育児対応や介護への各種対応も行います。
  • 「事故ゼロ」暮らしやすい社会を
    目指す

    • 月1回、車両対策会議
      映像付ドライブレコーダー(車内・車外)を活用し、車の運転者へ安全運転指導を行います。また、年1回優良ドライバーを表彰する制度があります。
    • 省エネ
      公共交通手段の利用、自転車や徒歩の活用を促進し、出来るだけガソリンの消費を抑えます。
      電力消費削減の為、LED化を推進しています。
    • 月1回、防災会議
      災害に関するリスク管理を行い、年1回の防災避難訓練、定期的な発電機試運転を実施しています。
    • 環境に配慮した車両の導入
      クリーンエネルギーの活用及びエコドライブを行います。
  • 従業員の健康的な
    生活を確保するために

    • 健康診断の実施
      従業員の健康増進・予防・治療に対する意識の向上を目指します。
    • 感染症対策の実施
      予防接種、アクリルパネル設置、検温、消毒、予防対策の周知など全社で行っています。
    • 月1回、衛生委員会の開催
      産業医同席のもと、身体面・精神面の健康増進対策を行います。
    • メンタルヘルス相談窓口設置
      会社内、会社外に設置の相談窓口で対応します。